開館時間:
11:00–18:00 11:00–18:00
24 ноября 2021 г.

仮面病棟

 

(木村ひさし監督、2020年、114分)18+

出演:坂口健太郎、永野芽郁、内田理央、江口のりこ、大谷亮平、高嶋政伸、笠松将、朝倉あき、鈴木浩介、小野武彦

 

   

 

満床の入院患者を抱える田所病院。この病院に、若き外科医の速水(坂口健太郎)は一夜限りの当直医としてやって来る。先輩医師である小堺(大谷亮平)の代理として急遽指名を受けたのだ。

 

5階建ての田所病院では、身元不明の患者であっても手厚い看護を受けて静かに過ごしている。

ところがこの夜――突然病院の平穏が破られた。ピエロの仮面をつけた凶悪犯が1階のフロアに現われたのだ。

この犯人は近くのコンビニを襲って銃を発砲。彼に撃たれてケガを負った女子大生の瞳(永野芽郁)を人質として病院に連れてきた。

こうして病院は凶悪犯に占拠された。

速水と、応急処置を受けた瞳に加えて、院長の田所(高嶋政伸)、看護師の東野(江口のりこ)と佐々木(内田理央)も監禁状態にある。もちろん入院中の患者たちも――。

重い鉄格子で閉ざされ、危険な密室と化した病院。速水は警察に通報すべきだと訴えるが、なぜか院長は頑なに通報を拒む。看護師の2人も院長の判断に追随するばかり。彼らの不審な態度から、速水はこの病院の不可解な謎に気づく。入院記録のない患者。通報しない病院スタッフ。あるはずのない病室。

何か変だ――。この病院は何かを隠しているのではないか?凶悪犯の犯行も真の目的や意図が見えない。謎だらけの事件に巻き込まれて深まる混迷の中、必死で脱出を試みる速水と瞳。そんな折、闇の全貌が頭をもたげ始めたかのように、1つの殺人事件が起こる。

病院のウソの仮面が剥がれていく――。

誰もが戦慄せずにはいられない恐るべき病院の〈真実〉とは? 果たして“脱出”は可能なのか?

 

 ©2020 “MASKED WARD” Film Partners

Отдел японской культуры «Japan Foundation» Россия, 109240, Москва, Николоямская ул., 1, 4 этаж (в здании Библиотеки иностранной литературы) +7 (495) 626-55-83 / 85