開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
06 марта 2020 г.

山村浩二監督アニメーション上映会

【日程】2020年3月16日(月)19:00

【主催】国際交流基金、モスクワ映画、スーズダリアニメーションフェスティバル

【入場料】入場無料。下記サイトから事前登録をお願いします。https://set-kinoteatrov-moskino.timepad.ru/event/1275404/

【会場】映画館「コスモス」(Prospect Mira, 109) (Проспект Мира, д. 109)

【上映映画】

「頭山」(2002年、10分)

「年をとった鰐」(2005年、13分)

「こどもの形而上学」(2007年、5分8秒)

「マイブリッジの糸」(2011年、12分39秒)

「怪物学抄」(2016年、6分10秒)

「サティの「パラード」」(2016年、14分12秒)

 

山村浩二(アニメーション作家・絵本作家)

1964年愛知県生まれ。1987年東京造形大学卒業。90年代「パクシ」「バベルの本」などNHKなどで子供向けのアニメーションを制作、2002年に第75回アカデミー賞®短編アニメーション部門にノミネートされた「頭山」以降、「年をとった鰐」「カフカ 田舎医者」「マイブリッジの糸」など大人向けの短編アニーションを制作。それらのアニメーションは、アヌシー、ザグレブ、オタワ、広島の4大映画祭でグランプリを受賞など90以上の映画賞を受賞。DVDが5カ国で出版。国際審査員、回顧上映など多数。2005年愛知万博で「ヤマムラアニメーション博物館」展示。代表作に「カフカ 田舎医者、「パクシ」、「あさごはんマーチ」など。
絵本作家としても活躍、「おやおや、おやさい」(福音館書店)「ぱれーど」(講談社)など61タイトルを出版、20の海外翻訳がある。
また2017年、NHKおかあさんといっしょ「べるがなる」の作詞を手がける。
著書に「アニメーションの世界へようこそ」 (岩波書店)、「創作アニメーション入門」(六耀社)。
川喜多賞、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2019年紫綬褒章受章。米国アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー)会員、東京藝術大学教授。

Отдел японской культуры «Japan Foundation» Россия, 109240, Москва, Николоямская ул., 1, 4 этаж (в здании Библиотеки иностранной литературы) +7 (495) 626-55-83 / 85