Japanese Film Festival
開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
14 января 2020 г.

からくり人形:9代玉屋庄兵衛レクデモ・ワークショップ

 

【日程】2020年1月31日~2月2日

【主催】国際交流基金モスクワ日本文化センター、ロシア国立図書館東洋文献センター、人形コレクターD.Khlybov, M.Kurganova

【入場】無料、登録制

 

国際交流基金モスクワ日本文化センターは、ロシア国立図書館東洋文献センター、と共催で、尾陽木偶師・九代玉屋庄兵衛をモスクワに招聘し、レクチャー・ワークショップを実施します。

 

スケジュール

 

1月31日(金)

ロシア国立図書館東洋文献センター(Mokhovaya, 6-8)

18:00 - 人形展開会式、九代玉屋庄兵衛後援会・末松良ー会長レクチャー・デモンストレーション

【登録】こちらからご登録いただけます registration

 

2月1日(土)

ロシア国立図書館東洋文献センター(Mokhovaya, 6-8)

15:00 - からくり人形ワークショップ・なぎなた弁慶

(約2時間、難易度・高、対象年齢10歳以上、但し10歳~12歳のお子様は大人の同行が必要となります)

【登録】電話にてご登録ください。+7 495 626 55 83(国際交流基金モスクワ日本文化センター)

 

18:00 - 九代玉屋庄兵衛後援会・末松良ー会長レクチャー・デモンストレーション

【登録】こちらからご登録いただけます registration

 

2月2日(日)

国際交流基金モスクワ日本文化センター(Nikoloyamskaya, 1, 4F)

15:00 - からくり人形ワークショップ・変身茶運び人形

(約1.5時間、難易度・中、対象年齢10歳以上、但し10歳~12歳のお子様は大人の同行が必要となります)

【登録】電話にてご登録ください。+7 495 626 55 83(国際交流基金モスクワ日本文化センター)

 

 

プロフィール

 

尾陽木偶師 九代玉屋庄兵衛

初代玉屋庄兵衛が享保19年(1734年)、京都から名古屋へ移住。

以降、280年余、尾陽木偶師として、からくり人形の修復・製作・創作に従事

平成7年(1995年):九代目を襲名

平成10年:座敷からくり「弓曳き童子」を完全復元

各地の山車からくりの修復に従事すると共に、「茶運び人形」を国立科学博物館(平成15年/2003年)、大英博物館(平成17年/2005年7月)に寄贈するなど、からくり人形の普及、交流にも努める。

平成16年:国際交流基金の要請により海外4カ国6都市でからくり公演を実施

平成17年~各地で「玉屋庄兵衛展」を開催、好評を博す。

平成18年:アルジェリアとシリアにおける国際文化交流「からくり公演」を実施

平成19年:新作山車からくり「役行者」(常滑市乙川)、「鵺退治」(半田市西成岩)製作

平成24年:安城二筆文字書き人形復元。

平成26年:「愛知の名工」受賞

平成27年:祇園山鉾行事功労者表彰、卓越した技能者「現代の名工」受賞。

 

末松良一

 

九代玉屋庄兵衛後援会 会長

愛知工業大学 総合技術研究所 客員教授

名古屋大学名誉教授

豊田工業高等専門学校前校長

 

昭和41年名古屋大学工学部機械学科卒業、

昭和46年同大学大学院博士課程単位取得退学、

同年名古屋大学工学部機械学科助手、63年同教授、

平成10年から2年間名古屋大学評議員

平成12年から4年間名古屋大学留学生センター長、

平成17年4月から6年間豊田工業高等専門学校長

平成23年4月から愛知工業大学 総合技術研究所客員教授

受賞 昭和61年 永井科学技術財団賞(第3回)

   平成18年4月 文部大臣表彰科学技術賞(理解推進部門)受賞。

専門  機械制御、流体関連振動、メカトロニクス、画像処理工学。

最近では、からくり人形、江戸のモノづくりなど調査研究にも従事。

著書 「制御用マイコン入門」(オーム社)、「画像処理工学」(コロナ社)

 

 

市原茂樹 

九代玉屋庄兵衛後援会 実行委員会委員(事務局次長)

昭和50年 名古屋大学工学部建築学科卒業

昭和50年~62年 大阪市、兵庫県西宮市、名古屋市にて建築設計・監理業務に従事

昭和62年 株式会社電通入社 世界デザイン博覧会の会場計画他名古屋市パビリオンや

     民間の各パビリオンの企画・実施(建築設計・監理・施工含む)・演出・運営

     業務を行う。以後、各種の博覧会パビリオンの総合プロデュース業務や民間の

     広報PR施設の展示・演出(映像、システム等)・運営業務に従事。又、各種

     大型の展示会(国内外のモーターショー等)にても同様の業務を行う。

平成24年 電通定年退職、電通子会社の電通名鉄コミュニケーションズ入社。

     6年間、イベント・スペース系のプロモーション活動に従事する。

 

資格 一級建築士(日本国内)

 

 

Отдел японской культуры «Japan Foundation» Россия, 109240, Москва, Николоямская ул., 1, 4 этаж (в здании Библиотеки иностранной литературы) +7 (495) 626-55-83 / 85